医院コンセプト

ニューコンセプト

市ヶ谷番町歯科クリニックはインプラント、審美治療、矯正治療の科目において常に研鑽を積みトップをめざします。

インプラント

生涯にわたりおいしい食事を楽しんでいただくために
最良の設備・システムで安全・安心・確実なインプラントを提供します。

>>>さらに詳しく

審美治療

どこを治療したのかわからない自然な仕上がりのために
技工士立ち会いのもと、美しく精密な技工物をご用意し、審美治療を提供します。

>>>さらに詳しく

矯正治療

正しい咬み合わせにし、健康な口腔をつくるために
小児から成人まで、さまざまな症状に対応し最適な矯正治療プランをご提示します。

>>>さらに詳しく

医院としての取り組み

歯科医師

  • 全てのドクターはいずれかの学会に所属し、常に研鑽を積んでおります。
  • 特に肉眼では見えにくい細かい治療にあたっては、拡大鏡を使用し、精度の高い治療をおこなっております。
  • 当法人では、顎咬合学会、日本歯科医学会への参加を奨励しております。

以上、患者さんの立場に立って、

  1. 健康な毎日を送れるお口の状態を獲得、維持するため
  2. 高度で、正確な診断のもと
  3. わかりやすい説明を経て
  4. より安全で確実な治療方法が受診でき
  5. 審美的な要求にも十分応えられ
  6. 長期的に安定する、アフターケアのシステムがある

そのような歯科医院をめざしております。
最新の機械を導入すれば、それに伴い、医療従事者の知識や技術の向上が必要になります。
また患者さんの望む歯科医療も時代と共に変化してまいります。
これからも、ご縁あってご来院いただいたみなさまの期待に応えられますよう、職員一同研鑽、努力してまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

衛生面の安全管理

使用する器具は可及的すみやかに滅菌処理し、患者さんごとに交換しております。
当然ながら、患者さんの使用するコップ、エプロンはディスポーザブルです。

説明用機器の充実

まだまだ分からないことだらけの歯科治療。実際のお口の中の画像や、説明用ソフトを駆使して、今の状況や治療方針、治療後の説明等、納得していただける説明を心がけます。専門用語でわからない、説明不足な点等をお感じになりましたら、どのスタッフでもかまいませんので、お気軽にお声をかけてください。

メタルフリーをめざします

最近、いわゆる金属アレルギーの患者さんが増え、医科の診療所や病院からお口の中の金属をすべてとりはずしてくださいという依頼も増えています。
また、病気の診断として、医科用CTやMRIといった画像診断撮影に、お口の中の金属が障害になるケースもあります。
一方、従来歯科で治療に使用してきた貴金属類は貴重な地球資源です。限られた資源を守る、エコロジーの観点からもできるだけ金属を使用しない治療方法を開発していきます。

朝礼ミーティング・院内カンファレンス

朝礼ミーティングを毎日、診療がはじまる前におこなっています。
その日来院される予定の方の、現在の状況の確認と行う予定の治療内容を全員で把握・共有化し、極力お待たせせずにスムーズにお迎えし、施術を受けていただけるよう最大の努力をしております。

1日の診療後に、カンファレンスをおこなっております。その日初めて来院された方の、今後の治療方針・治療計画を全ドクター・歯科衛生士・歯科技工士を交えて話合い、それぞれの知識を合わせ、将来入れ歯にならないため、できうる最新・最良の治療を提案するよう努力しております。

信頼関係を大切にします

信頼関係を第一に考え、いきなり治療せず、現在のお口の状態を知っていただくため、様々なチェック、それに基づく資料をお渡しし、充分なインフォームドコンセントの結果、最善の治療法をご提案いたします。

健康で快適な生活をサポートします

お口の健康が全身の健康に及ぼす影響に配慮し、お口からの全身の健康づくりを推進していきます。

お時間を大切にします

お忙しい中のご来院、皆様の貴重なお時間を大切に、出来るだけお待たせしないようにご予約の方を優先とさせていただきます。 >>ご予約はこちらから承っております

MI治療 ~削る量を最小限におさえる~

むし歯治療というと、イメージするのはドリルの嫌な音やきれいに磨かれた銀歯という方も少なくはないのではないでしょうか。材料の発展により、このような古めかしいイメージのむし歯治療は、その考え方を大きく方向転換しています。
現代のむし歯治療には、MI(Minimal Intervention=削る量を最小限に抑える)という大原則があります。

むし歯の部分のみを削る

詰め物の接着性の向上から、ムダに健全な部分を削る必要はなくなりました。むし歯の部分のみを削り、詰めるということが可能になったため、より歯にやさしい治療ができるようになりました。

再石灰化

むし歯も程度によっては、再石灰化し自然に治ることが言われるようになりました。
初期むし歯は、あえて削ることなく、ブラッシングやフッ化物の塗布などを行ないながら、経過を見ていきます。

-Links-
日本歯科医学会
日本歯科医療管理学会