CTの活用

CT撮影⇒ノーベルガイドによるシミュレーション⇒院内カンファレンスにて方針確認⇒チームにて手術

歯科用のCT機器(フィンランド製)を導入、より正確なインプラント治療への応用をはじめ、今まで全く見えなかった歯や、骨の内部まで、高度な診断ができるようになり、みなさまの治療に貢献いたします。

このような時CTは有効です。

  • 一本の歯のいったいどの根に病気があるか知りたい
  • お子さんの歯でまだもぐっている永久歯の萌えかわりの状態が詳しく知りたい
  • 少し見えてきた親知らずが、どういう場所にあるのか位置関係を知りたい

など、医科用CT同様、日常の診療でもっと正確に治療を進める上で、3次元で立体的に診断できる歯科用CTは大変な威力を発揮します。ぜひ、患者さんご自身の利益のため、より精密な診断を可能にする、当院のCTレントゲン機器をご活用下さい。
詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。

新しいインプラントシステム ノーベルガイドシステム

ノーベルガイド

従来のインプラントは、まずインプラント体が骨にどのように入るか?という埋入条件が先にあった為、上部構造物が咬む機能、見た目などで制約を受ける事もありました。
ノーベルガイドではCTデータをPCに取り込み、解析ソフトを使うことにより総合的な視点からインプラント体を埋入することが出来るようになり、より安全性が向上ました。
また、これにより上部構造物もシミュレーション段階の時点から作製に取り掛かれるので、時間が大幅に短縮されたうえ、咬む機能と見た目も大きく向上しました。
当歯科医院ではインプラント手術後のCT撮影は無料で行い、治療結果を確認しております。
『安全・安心』を第一に考えております。

ノーベルガイドにて、インプラントのプランニングを行っている歯科医院様へ

ラジオグラフィックガイドのダブルスキャン撮影を承ります。
(ガイドを患者さんに試適してから患者さんにご持参頂くか、事前にお送りください)

All-on-4(オールオンフォー)

全く歯が無くなってしまった方、多数の歯を同時に抜歯しなければならなくなってしまった方は、従来はインプラント治療を行うと、しばらく義歯を使用することができず、相当期間、ご不便を我慢していただけなければなりませんでした。ポルトガルのドクターマロ によって確立した、『オール・オン・4』は、手術したその日の内に、入れ歯ではなく、固定性の取り外しではない歯を入れることができるという、画期的な治療方法です。コンピューターによって、厳密に診断・設計されたインプラント位置から、4本から6本の埋入本数で済むため、従来の治療費の約半額で済むようになりました。高度な治療技術を支えるのは、医院のチームワークと設備です。当院では、CT機器を完備し、専門の歯科技工士立会いのもと、余裕をもった治療時間で、患者さんの審美、咬みあわせを短期間に回復いたします。

サージカルテンプレート

ノーベルガイドシステムではCTデータに基づいてサージカルテンプレートを作製します。
このテンプレートにより、(歯肉の切開が不要になる)フラップレスでの術式が可能になりますので、手術時間の短縮が可能になり、通院回数を少なくすることができます。

即時負荷の上部構造体

サージカルテンプレートを用いることで手術の事前に精度の高い仮歯、あるいは最終的な上部構造物の製作が可能になります。シミュレーション段階から事前に上部構造体を製作することで、手術をしたその日のうちに新しい歯を手に入れることが可能になり、術後、すぐに元の生活に戻ることができます。

※ノーベルガイドシステムは事前の検査とカウンセリングが重要です。
詳しくはお気軽に医院までお問い合わせください。