インプラントQ&A

インプラントQ&A

Q.インプラントの治療は安全ですか?

A.はい、インプラントは安全・安心な治療法です。

インプラントは身体に害のないチタンでできています。
チタンは骨とくっつく(結合する;オッセオインテグレーション*)性質があり、また生体親和性がよく為害性のない身体にやさしい安全な材料で、整形外科でも骨折の治療などに使われています。現在、主流のインプラントもチタンで作られていますので安心です。

徹底した衛生管理下で治療をおこないます。
歯の治療は清潔な環境の下で減菌・消毒した機材を用いておこないますが、とくにインプラントの治療は使いきりの機材を多用するなど、徹底した衛生管理下でおこないます。

正確な診断と綿密な治療計画を立て、慎重に治療をおこないます。
インプラントの治療は、まず正確な診断と綿密な治療計画を立て、それに基づいて慎重に手術をおこないます。また、内科的な理由でより注意を要する場合は、かかりつけの医師と綿密な連携をとり、全身状態のモニタリング下で手術をおこないますので、ご安心ください。

*1965年、スウェーデンのブローネマルク博士によりチタンと骨とが直接結合する現象(オッセオインテグレーション)が発見され、チタンを使用することによってインプラントの成功率は飛躍的に向上しました。

Q.インプラント治療を行うのに痛みはありますか?

A.インプラント手術は、十分な局所麻下で行うため、痛みは抜歯と同じ程度でほとんどありません。


Q.インプラントはどのくらいもちますか?

A.適切な治療を受ければ、インプラントは通常10数年以上持つことが一般的です。

現在の骨と結合させる方式のインプラントは、スウェーデンのブローネマルク博士によって1965年に初めて臨床応用されました。このインプラントは、その後約40年、患者さまがお亡くなりになるまで機能していました。
そして、現在広く使われているインプラントは骨としっかりくっつく純チタン製ですので、生着率*も飛躍的向上しています。インプラントの生着率の臨床報告を見ると、5年または10年経過した時点で95%以上の生着率がほとんどです。このように適切な治療を受ければインプラントが長く持つことは、証明されているのです。

*生着率とは、インプラントが体になじんで、本来の働きをする割合とお考え下さい。

Q.インプラントの治療期間はどのくらいですか?

A.最短でおおよそ4カ月から半年ほどで、その間1~3週間ごとにご通院いただくことになります。

インプラントの治療期間は、インプラントを入れる場所が上あごか下あごかなどで差がありますが、最短でおおよそ4カ月から半年ほどになります。その間は、だいたい1週間から3週間ごとにご通院いただくというケースが一般的です。
ただし、あごの骨の量が少ないために骨を作る手術が必要であったり、残っている歯が歯周病にかかっているため治療が必要な場合などは、半年から1年程度治療期間が長くなります。

Q.インプラントはどんな人に適していますか?

A.健康な方なら基本的にはどなたでも可能です。

ご飯がおいしく食べられない、声を出す時に不便を感じる、入れ歯を使用するときに異物感や痛みがある、どうしても入れ歯は入れたくない、などという方におすすめします。年齢的には顎の骨が完成する20歳前後から、健康な方なら基本的にはどなたでも可能です。
ただし、妊娠中の方、全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、先生にご相談ください。

Q.入院が必要ですか?

A.入院の必要はありません。通院で治療が可能です。


Q.治療終了後、気をつけることはありますか?

A.常に口の中の衛生状態を良好に保ってください。定期的に検診を受け、担当医や歯科衛生士のアドバイスを受けていただくことも大切です。

インプラントそのものはチタンでできているので、虫歯になることはありませんが、毎日のお口のお手入れがきちんとできていないと、天然の歯と同じようにインプラントの周りに炎症が起きて、インプラントの除去に至る場合もあります。つまり、お口のお手入れのでき具合によって、インプラントのもつ期間が変わってくるのです。
また、喫煙の有無もインプラントが持つ期間に関係します。非喫煙者のほうが喫煙者よりもインプラントが長持ちするといわれています。
さらに、噛む力もインプラントがもつ期間に影響してきます。あごの筋肉が発達して噛む力の強い人、歯ぎしり、食いしばりのある人は、インプラントが壊れることもまれにあります。これを防止するために、「ナイトガード」といわれるマウスピースを夜間つけていただくことがあります。

Q.最近、低価格のインプラント広告を目にしますが?

A.その医院がどのような形態でインプラント治療を行っているかはわかりませんが、

当歯科医院では、

  1. 患者さんお一人の治療に充分なお時間をお取りします
  2. 準備も万全な体制(数日前からのこともあります)を整えます
  3. 国内外の高品質の材料を吟味、使用します
  4. 常に学会や、新技術の研修会(費用・時間がかかります)に参加しています
  5. ばい菌の感染を防ぐべく、器具の消毒は徹底し、できるだけ、使い捨ての器材を使用します
  6. 手術後はCT撮影を行って確認(無料です)します
  7. 信頼できる歯科技工所に被せ物(上部体)の製作を依頼しております
  8. 熟練した歯科衛生士がアフターケアーを行い、できるだけ長持ちするように患者さんと医院が協力してまいります

以上のためには、当歯科医院の治療費は最低限の金額と考えております。尚、治療費の設定につきましては、常に、医局会・理事会にてその妥当性を検証の上、改定しております。

インプラント ノーベルバイオケア

歯医者やインプラントの情報ならノーベルスマイル

DC21オフィシャルサイト

-Links-
特定非営利活動法人 日本顎咬合学会
社団法人 日本口腔インプラント学会
国際インプラント学会 AIAI
デンタルコンセプト21
ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社
ノーベルスマイル インプラントについて
ノーベルスマイル インプラントの治療の仕組み