矯正治療

当歯科医院の理事長 濱の記事が東京歯科保険医新聞の2010年1月号、裏一面に掲載されました。

当歯科医院の矯正歯科治療の特徴

当歯科医院では、可能な限り抜歯せずに歯並びを整えます。

時には審美歯科の技術も応用しながら、見栄えよく安定した噛み合せを目指します。
主にアメリカ式の装置を使用します。

  • 出来るだけ目立たない装置を使用します。
  • 透明な装置も同じ費用で装着します。
  • 外部から矯正医を呼ぶのではなく、法人内の常勤ドクターが担当します。
  • 今ある天然の歯をできる限り抜かずに治療していきます。
  • 全身的なバランスも左右対称となるよう心がけています。
  • 矯正治療以外の治療が必要な場合、併行して行います。
  • むし歯や歯周治療の予防を第一に歯科衛生士と協力していきます。
  • できるだけ痛みの少ない適度な矯正力になるよう注意しております。
  • 他の歯科医師や、歯科衛生士がチームをサポートいたしますので、緊急の場合も医院として迅速に対応させていただきます。

年々、綺麗な歯並びを求める方が増えています。
歯列は、対人印象の大切さはもちろん、むし歯や、歯周病のリスクにも直接関係しています。矯正治療の目的は、生涯にわたってご自分の歯を健康に保ち、よりよい噛み合せを手に入れることです。

矯正装置の種類

アメリカ式治療

成長の終わった成人の歯並びは、審美的な要素を第一に考慮しながら、噛み合せを大切に進めます。

マウスピース式矯正

当歯科医院ではマウスピースの製作を承っております。
マウスピースの作製には歯型をとり、それにあわせてオーダーメイドで作ります。お気軽にご相談ください。
今までにない画期的な技術により「目立たない」「取り外しができる」「違和感が少ない」矯正が可能に!
従来のブラケットを使用した矯正では、いかにも矯正という感じでしたが、マウスピースで治療すると目立たないため、矯正治療していることに気がつかれません。

インビザラインとは…

インビザラインとは、コンピュータを用いて作製された透明なマウスピースを段階的(約2週間ごと)につけ替えることで 歯を動かす歯科矯正システムです。 マウスピースは患者ひとりひとりのために、治療計画に基づいてカスタムオーダーで製造される矯正装置です。 透明な装置ですので、装着してもほとんど目立ちません。また、必要に応じて取りはずすことができます。

インビザラインはこんな人にオススメです

インビザラインの特徴は、装置が透明なマウスピースであるという事です。 装着して日常生活を営んでも他人に気づかれることはほとんどありません。 自分で取り外すことが出来るので、従来のワイヤーを使用した矯正治療よりも非常に快適で気軽に行う事ができます。

透明で口元は美しいまま

インビザラインは薄い透明のプラスティクで出来ています。装着しても注意して覗きこまないとマウスピースだとわかりません。 したがって治療期間中であっても口元を気にせず笑顔を見せることができますし、誰も矯正治療を気づきません。 2週間ごとにマウスピースを順次装着することにより、理想的な歯並びへと近づきます。

自分で簡単に取り外せてとても快適です

自分で取り外しが可能なため、歯ブラシがとてもやりやすくいつも清潔にすることが出来ます。 食生活もこれまで通り行えます。 矯正治療を従来のワイヤーで行う場合、お口の中が虫歯になりやすい状況になってしまいがちですが、取り外しが可能な マウスピースですのでお口の中のケアも簡単で安心です。

独自のコンピュータシミュレーション

インビザラインは、独自の3D治療シュミレーションで作ったプログラムで、段階的に歯が綺麗に並ぶ状態までを シュミレーションしながらマウスピース作る技術です。 0.25㎜づつ変化させたアライナーを2週間ごとに歯列に装着し、歯を0.25㎜づつ動かしていきます。 3Dデジタル化された歯列から光造形(CAD/CAM)技術を利用して順次変化させたアライナー(マウスピース) を作製する技術は世界でもアライン社(米国)しか行っておりません。

インビザライン

インビザラインについて詳しくはこちら

画期的!新時代の矯正装置

歯の矯正装置が『目立つ』という見栄えの問題に対する解決策の一つとして、歯の裏側からの矯正装置(リンガルブラケット)が使用され、審美的な面から評価を得ています。「最新のマウスピース」は透明で、従来の治療概念を根本から変えることになりました。厚さ1ミリにも満たない透明のプラスチックでできたマウスピースが、目立たず痛みも少なく、美しい歯並びを実現するのです。

マウスピースとは…

ブラケットやワイヤーを使わない、透明なプラスチックで製作されたマウスピース型の最新の見えない矯正装置です。透明なので治療中もまったく目立たず、食事の時に取り外せるなど、患者様にとって大きなメリットをもたらしています。
従来の固定装置(ブラケットとワイヤー)を使用する矯正治療と違い、2~4週間ごとに透明なマウスピースを新しいものに交換し、歯並びを整えていきます。
歯並びが気になってはいたが、金属のような装置を口につけるのは抵抗があり治療をためらっていたという方は大勢いらっしゃいます。
この装置を使った治療であれば口の中に装置が入っていることすらほとんどの人は気づきません。
しかも、治療はいたってシンプルで、マウスピースはワイヤーやブラケットを一切使用しない矯正治療装置です。
1mmにも満たない透明なシート状のプレートを歯型に合わせてマウスピースを製作し、装着して歯を動かしていきます。

マウスピース式矯正の注意点
  • 食事の時はマウスピースを取り外して下さい。
  • 食事の時以外、睡眠時間も含め1 日20時間以上は装着して下さい。
  • 装着を自分で行ないますので、使用しなかったり装着時間が短いと、良い治療結果が得られず治療期間も長期化します。
  • 装置をつけて2 ~ 3 日は痛むことがありますが、その後の痛みはあまりありません。
  • マウスピースは透明で薄い装置となっておりますので、紛失、変形等には十分ご注意下さい。
  • マウスピースでの矯正が適切かどうか、よく相談の上、実施しましょう。
  • またマウスピースは矯正装置ですから、良い結果を出すために正しく取り扱いましょう。
マウスピースのメリット

○目立たない
従来の金属の矯正装置とは違い、マウスピースは透明な矯正装置なので、笑っても目立たず自然に笑うことが出来ます。学校や職場で目立つこともなく矯正できるので、装置が見えるのに抵抗がある方には最適です。
○取り外しができます
従来の矯正装置のようにワイヤー(針金)を使用しないため、食事や歯みがきのときは取り外せます。
これまでの矯正装置は取り外しができないため、食べ物が装置にひっかかってしまって、食後の歯みがきは時間がかかり大変でした。マウスピースは取り外しができますので、歯みがきは今までと同じです。その為、取り外しの出来るマウスピースで治療することは、予防の観点から見ても優れていると言えます。
○そのまま保定装置として使えます
矯正歯科治療に使っているマウスピースを保定装置としてそのまま利用しますので、再度新しい違和感が生まれることはありません。
○同時にホワイトニングができます
マウスピースの中にホワイトニング剤を入れることで、ホームホワイトニングも同時にできます。歯並びが良くなっても、歯が茶色かったり黄色かったりすると見た目にもよくありません。従来の矯正治療では、一度矯正治療を行い歯並びをきれいにしたうえでもう一度ホワイトニング治療を行う必要がありましたが、マウスピースによる矯正治療で、治療と同時にホワイトニングもおこなうことができます。
○違和感が少ない
ワイヤーやワイヤ-を固定する装置もありませんので、違和感は従来のワイヤーを使った矯正より断然少なく、発音がしづらいとか装置による口内炎もほとんどありません。
○矯正のための抜歯が不要な場合に適しています
マウスピースによる矯正治療は抜歯せずに歯を並べられるような患者さんの場合にはとても有効です。歯が傾いていたり、ねじれていたり、隙間があいているような場合にとても威力を発揮する方法だといえます。
○従来のワイヤーを使った矯正治療と併用することもできます
大きく歯を動かす矯正治療に関しては従来のワイヤーを使った矯正歯科治療を行い、最後のきれいな歯並びを完成させるための仕上げにマウスピースを利用することもできます。そうすることで、ワイヤーを利用した装置を早期に取り外すことができます。

より高次元な矯正治療

先天的な問題や、骨格的な問題を有し、より高次元な判断が必要な患者さんは、パートナーシップを結んでいる矯正専門歯科医院をご紹介いたします。

成人矯正治療費用について(税別)

矯正料金表(税別)

↓クリックしていただくと大きい画像でご覧になれます
料金表

-Links-
日本矯正歯科学会
日本成人矯正歯科学会
床矯正研究会