インプラント

当歯科医院のインプラント治療の特徴

「安心・安全」を第一に、できるだけ痛くなく、長持ちするように努めています。

失った歯を元のように戻すことは、歯科治療の中でも難しい部類です。
今までの取り外しの入れ歯や、両側の歯を削るブリッジは、いずれも無傷の歯を傷つけ、さらに歯を失う原因になりかねませんでした。

インプラント(人工歯根)治療は、歯を失った部分に周囲の歯に負担をかけないで、もう一度人工の歯を植えようという治療法です。
ここ10年ほどで飛躍的に確実性が増し、現在では失った機能を回復する際広く行われています。当クリニックでも、希望される患者さんが多く、ご満足いただいております。
当歯科医院のインプラント担当医は国内外、3メーカーの認定医であり、カウンセリング・検査・診断・説明をしっかり行い、安全な手術を行います。
また、設備と衛生の面において優れているとプラトンインプラントシステムに認定された医療施設ですので、安心して治療を受けていただけます。

わたしどものインプラント治療

目標  生涯、できるだけ入れ歯を入れない人生を

5つのキーワード

安全・安心・確実・清潔・アフターケア

1.安全第一は的確な診断から

峰瑛会では、歯科専用CTを設備し、インプラントの治療計画、そして術後の確認に活用しています。
さらに最新のシミュレーションソフトにより、高度な治療計画の下で治療します。

2.痛くない、腫れない治療を目指しています

良い治療方法とはわかっていても、やはり痛いのは嫌なもの。
CTなどの正確な診断のもと、切開などをできるだけしない、非切開埋入術も多く行っています。

3.知識の向上

濱 克弥

日本口腔インプラント学会に所属し、学会参加によって常に最新で、安全な材料、技術を勉強しています。

4.インプラントメーカーからの認定

インプラントメーカーはその責任から、施設認定は中々しないのが実情です。
わたしどもでは国内外2社から認定されています。

5.院内チェック

院内では歯科医師や歯科衛生士、そして歯科技工士がそれぞれの立場から相互にチェックを行い、ミスのないように進めています。

6.精密な上部構造

インプラントの予後には、埋入したインプラントの上の被せ物(上部構造体)の精度が大切です。
峰瑛会では院内の専属技工士が作製にあたり、適合精度や噛み合わせなど、細心の注意で加工をします。
海外委託などは一切行っていません。

7.清潔第一

感染予防のため、可能な限り、器材はディスポーザブルを使用しています。

8.アフターケアが最も大切です

歯科医院と歯科衛生士が揃ってはじめて歯科医療が成り立ちます。
口腔インプラント学会認定の歯科衛生士を筆頭に、長く快適にインプラントが機能するよう、アフターケアをお手伝いします。
楽しい食事で快適な毎日を過ごせますように。

医療法人社団 峰瑛会
インプラント担当チーム一同

安心・安全・痛みの少ないインプラント治療のために

  • 当歯科医院はCTを積極的に活用し、患者さんの負担をできるだけ軽くした痛くない、腫れない、期間の短縮されたインプラント治療を行っております。
  • インプラント担当医は国内外、3メーカーの認定医です。
  • 経験豊かな歯科衛生士が治療後のメインテナンスを行い、長持ちするよう患者さんと一緒に管理いたします。
  • 通常の治療より、滅菌レベルをあげた、専用の診療コーナーを設備しています。
  • 歯を抜く時や、歯科外科的な処置を行う時は、生体モニターで患者さんの血圧・脈拍・体温・呼吸などを計測しながら行います。必要に応じて心電図も測定可能です。処置中、急な体調の変化等を常にモニターしながら、安全に行います。


生体モニター


インプラント治療のリスクや副作用

外科手術

インプラントを埋入するため麻酔を使用しての手術を行います。

全身状態が良くない場合には適用が難しい場合もあります。

全ての方が受けられるという治療ではない

小さなお子様や妊婦はインプラント治療を受けることができません。

重度の糖尿病や骨粗しょう症の方も治療できない可能性があります。

また高血圧症や心臓疾患等の循環器系疾患、喘息等の呼吸器系疾患、糖尿病や骨粗鬆症等の疾患、腎臓や肝臓の機能障害がある場合や、現在服用されているお薬によっては、インプラント治療が適さない場合もあります。

喫煙の影響

喫煙される方は、インプラント治療の治療効果が低下します。

治療期間が長い

インプラントが骨に定着して、人工の歯を付ける段階に至るまでトータル3か月から10か月かかります。

保険適用外

どこの医院で受診されても保険適用外ですので、治療費は全額自己負担となります。

アフターケアが大事

むし歯にはなりませんがインプラント周囲炎になる可能性があります。

インプラント周囲炎を放っておくとインプラントの喪失に繋がる場合もあります。

患者さん自身がおこなう日常の口腔清掃も重要でが、患者さん自身が治療部位を含めて日頃から口腔内の状況に関心を持ち、もし何か変わったことがある場合には当院へご連絡ください。また治療後の経過が順調な場合も、定期的なメインテナンス受診をおすすめいたします。


インプラント ノーベルバイオケア

歯医者やインプラントの情報ならノーベルスマイル

DC21オフィシャルサイト

当歯科医院のインプラント治療インプラントとはCTの活用 インプラントQ&A

-Links-
特定非営利活動法人 日本顎咬合学会
社団法人 日本口腔インプラント学会
国際インプラント学会 AIAI
デンタルコンセプト21
ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社
ノーベルスマイル インプラントについて
ノーベルスマイル インプラントの治療の仕組み