インプラント

インプラントとは

虫歯や歯周病、外傷などによって歯を失った場合、食事がしにくくなったり、発音や審美に問題がおきてしまいます。失った歯を補う治療法として、これまでブリッジや入れ歯という治療法が用いられてきました。昨今これらの方法に加え、顎の骨に人工の歯根(インプラント)を埋入し、これを支えとして被せ物をいれるインプラント治療が注目されています。

インプラントは、噛む力を顎の骨で支えるためブリッジや入れ歯と比較し、しっかり噛むことが出来ます。

インプラントと他の治療法の違い

ブリッジとの違い

ブリッジは失った歯の両隣の歯を削り、一体型の被せ物を入れる治療法です。両隣の歯は一回り小さくなってしまいます。失った歯の咬む力は、支台となる両隣の歯が負担することになりますが、インプラントは単独での治療が可能なため周りの歯に負担をかけません。

入れ歯(部分義歯)との違い

入れ歯は失った歯の近くの歯にバネをかけて安定させる取り外しのできる装置です。着脱の煩わしさや異物感があり噛む力は弱くなります。バネは金属を使用することが多く、審美性に劣ることもあります。

当院のインプラント治療の進め方

100%ガイドオペを行っております

歯科用CTで撮影したデータと最新のシミュレーションソフトにより、インプラントの埋入位置から最終的に入る被せ物の位置までを想定した、高度な治療計画を立案します。また手術の確実性を高めるために、サージカルガイドというマウスピースを作製します。このガイドを用いることにより、計画通りの位置に安全で正確にインプラントを埋入することが可能です。

治療計画

01. 歯科専用CT撮影

院内に歯科用CTを設備し、インプラントの治療計画、必要に応じて術中・術後の確認に活用しています。神経に近い症例や、骨が少ない症例も安心です。

02.シミュレーションソフトによる 分析・診断・プランニング

最新のシミュレーションソフトにより、インプラントの埋入位置から最終的に入る被せ物の位置までを想定した、高度な治療計画を立案します。

03.患者さんへの プランニングの説明

出来上がったプランニング画像をお見せしながら、治療計画をご説明いたします。しっかりと時間を取ってご説明いたしますので、分からないことがあれば何でもご質問ください。

04.サージカルガイドの作製

計画通りの位置に安全で正確にインプラントを埋入するために、患者さんごとに専用のサージカルガイドを作製します。

手術~被せ物の装着

01.手術

顎の骨にインプラントを埋入します。骨とインプラントが結合するのを待ちます(約3か月~半年)。切開を出来るだけしない、 非切開埋入術も多く行っています。

02.型取り

アバットメントを装着後、被せ物の型を取ります。 従来の材料を使用しての型取りではなく、口腔内スキャナーで型を取りますので負担が少なく済みます。

03.被せ物の製作~装着

取った型で当院専属の技工士が、被せ物を製作します。(約2週間) 出来上がり次第、装着します。

04.定期的なメインテナンス

インプラントは歯と同様にメインテナンスが重要です。 ケアを怠るとインプラントの周りが歯周病になったりして、長持ちしないこともあります。 普段のご自宅での歯ブラシはもちろんですが、定期的に歯科衛生士によるメインテナンスを受けましょう。

FAQ

Q.痛みや腫れはありますか?

A.痛みや腫れは個人差がありますが、当院ではガイドオペを行い歯肉へのダメージを出来るだけ小さくするように工夫しております。

またインプラント手術は虫歯の治療や抜歯をする時と同じ局所麻酔を使用し行います。術中の痛みは麻酔が効いているので感じません。 治療後も「痛くなかった、腫れなかった」という声をいただいております。

Q.治療期間はどれくらいですか?

A.手術をし、インプラントを装着してから、人工の歯が入るまでは3、4ヶ月です。 歯を抜歯してからですとその分、治療期間が長くなります。

Q.オペ後腫れたりしますか?注意事項はありますか?

A.オペ後多少腫れたりすることはありますが、数日で引くことがほとんどです。 喫煙や飲酒は歯肉や骨の治癒に影響がありますので控えてください。

Q.インプラントをしたら一生使えるものなのですか?

A.インプラントは天然の歯のように虫歯になったり、神経が痛くなったりはしませんが、歯周病にはなります。 インプラントも他の歯と同じようにお手入れが必要です。 アフターケアについては歯科衛生士がサポートいたしますのでご安心ください。